トップページ > レンタルサーバー基本 >  レンタルサーバーガイド

レンタルサーバーガイド

レンタルサーバーって?・・・・レンタルサーバーとはインターネットに情報を発信するコンピュータ(サーバ)の容量の一部を間貸しするサービスのことだよ!
ホスティング(hosting)サービスとも呼ばれています。通信事業者やインターネットサービスプロバイダが自社設備を用いて提供しているサービスで、専門の業者もある。
レンタルサーバ事業者は、サーバや回線を自前で用意できない顧客から公開したい情報内容(コンテンツ)を預かり、インターネットに接続された自社サーバで公開する。
ほとんどのサービスでは、1台のサーバを複数の顧客で共有する形になっており、使える容量の上限があらかじめ定められている。一般に、上限容量が多ければ多いほど高価になる。

サーバとは何?

ネットワークの中で広くサーバというときは、情報の発信側ととらえていいかと思われます。例えば個人が会社や家でパソコンを通じてどこかのホームページを見ている場合。
この場合、個人がブラウザを通じて見ている側のコンピューターをクライアントと呼び、それに対してWEB上のホームページを保存してあるコンピューターがサーバ(WWWサーバ)となります。

クライアントとクライアントの中にあって様々な要求に応えてくれるのが、サーバというわけです。
一言でサーバと呼びますが、それは単に場所(ハードウェア)だけではなく、当然ソフトウェアが含まれています。サーバというのはハードウェアと、ある役割を負ったソフトウェアが一緒になったものをいうのです。

サーバにはその役割によってDNS(Domain Name Server)サーバ、メールサーバ、WWWサーバ、FTP(File Transfer Protocol)サーバなどが含まれますが多くの場合これらはひとつのハードウェアに含まれています。

インターネットでサーバを利用するには、そのサーバが常時接続でIPアドレスに固定されている、などの条件を満たす必要があります。ハードウェアとソフトウェアを備え、毎日24時間常に作動させて止まることなく、それなりの処理速度と耐久性を併せ持ったサーバマシンが必要となります。

これにはかなり高額の費用と知識・技術が必要なことから、通常個人がインターネットを利用する場合、インターネットプロバイダが用意した各種サーバを利用することが多くなっています。(企業や団体などによってはその規模、管理の面から独自のサーバを持つ方が合理的な場合もあります)
インターネットプロバイダを利用してホームページを開設したり、メールのやり取りをしたりするのは比較的簡単です。しかしプロバイダにはプロバイダのルールがあり、規制も多いというのが実情です。例えばCGIが使えない、容量が小さい、オリジナルドメインが使えない...などです。

そのため、プロバイダとは別にホスティングサービスを使ってインターネットを利用することが多くなってきたのです。

このページのトップへ↑

ホスティングサービスとレンタルサーバー

ホスティングサービス、ホスティング、レンタルサーバー、サーバーレンタル、専用サーバー、ハウジングなどいろいろな呼び名というか用語があってややこしいですが^^;

ホスティングサービスというのは、共用サーバー・専用サーバーの総称として使われています。

また、ホスティングサービスをレンタルサーバー、サーバーレンタルとも呼び、今はホスティングサービスというよりは、レンタルサーバーと呼ぶことが一般的のようです。

管理人も、ホスティングという用語は使わず、レンタルサーバーと呼んでいます

ハウジングというサービスもあります。ハウジングというのは、サーバー用PCを持ち込んでインターネットデータセンターなどの環境(高速通信回線、耐震性、セキュリティ等)を使用させてもらうスタイルです。

サーバーPCのハードウェア仕様、ソフトウェア仕様について、ご自身で設計することができるというメリットがあります。


このページのトップへ↑

無料レンタルサーバーと有料レンタルサーバーの違い

レンタルサーバーは無料レンタルサーバーと有料レンタルサーバーの2つに分ける事ができます。そもそも無料サーバーと有料サーバーは何が違うのでしょうか?

無料レンタルサーバーの特徴

無料レンタルサーバーは文字通りサーバーの利用料が無料のレンタルサーバーです。
無料レンタルサーバーは、サーバーを無料で利用できるかわりに、サーバー利用者のホームーページに自動的に広告が表示される仕組みをとっているケースが多いのが特徴です。
無料で利用できるというのがメリットですが、自分で取得した独自ドメインが利用できない、検索エンジンに上位表示されにくい(SEOに不利)、CGIが利用できない等の機能制限がある場合が多い、利用できるディスクスペースが少ない、多くのユーザーと共用で利用するためサーバーが不安定であるといったような多くのデメリットがあります。
そのため、無料レンタルサーバーで商用ホームページを公開するのはやめたほうがよいでしょう。商用利用を禁止している無料レンタルサーバーも多いです。
無料レンタルサーバーはホームページの公開にお金がかけられない個人が趣味で公開するといった用途に適しています。

有料レンタルサーバーの特徴

有料レンタルサーバーはサーバーの利用料がかかりますが、無料レンタルサーバーのデメリットをほとんど解決する事ができます。
有料レンタルサーバーでは無料レンタルサーバーでは利用できなかった独自ドメインを利用する事ができます。独自ドメインでのホームページの運営は検索エンジン上位表示対策(SEO)に有利に働きます。他にも、有料レンタルサーバーではCGIやデータベース等が利用できたりと、無料レンタルサーバーよりも制限される機能が少なくなるため、ネットショップなどを運営する事も可能になります。
商用サイトでは、ホームページを見てもらわなければ商売にならないため、検索エンジンからの集客はかなり重要になります。そのため商用サイトとしてホームページを公開する場合は有料レンタルサーバーを利用するのが当たり前となっています。
近年では個人がアフィリエイトサイトを運営する場合に独自ドメインを取得して有料レンタルサーバーで運営するケースが急増しています。

このページのトップへ↑

仮想専用サーバー"VPS"

仮想サーバーとは、レンタルサーバのサービス品目の一つで、共用サーバながら仮想的に専用サーバと同等の機能を提供するサービスです。

手軽に始められる共用サーバー(レンタルサーバー)でありながら、専用サーバー並みの機能が使用できる仮想専用サーバーのことをVPSといいます。 近年非常に注目され、わずかなコストで高パフォーマンスの運営が可能となっています

共用サーバーとは複数人で共有するサーバーのことで、発揮できる性能に制限が生まれますが、費用も分担することになるため、費用が安くなり、また、サーバーの管理はサーバー業者が行うため、特別な運用知識がなくとも利用できます。

一方、専用サーバーは1人で1つのサーバーを使うことができるので自由度が高いですが、共用サーバーよりも費用が割高になります。また、サーバーの管理も自身で行うので、運用知識が必要です。

VPSの場合、共用サーバーと同じくセキュリティーはサーバー業者が行うため安全性が高く、専用サーバーと同じくルート権限が与えられるので、ユーザーは自分の与えられた領域を好きに設定することが可能です。
ルート管理者権限がないとインストールできないアプリケーションなども利用できます。つまり、VPSは共用サーバーと専用サーバーの良い所をあわせ持ったサーバーということです。

専用サーバー並みの機能でありながら、サーバーは共用なので共用サーバー並みの価格で利用できることも魅力のひとつです。試用期間があるところも多く、無料で気軽に試すことができます。低価格で自由度の高いサーバーであるVPSは今後も普及していくでしょう。

このページのトップへ↑

格安人気レンタルサーバー 法人向け人気レンタルサーバー 個人向け人気レンタルサーバー

PR 注目サーバー

 

専用SSL使用可能レンタルサーバー プレミアエクスビット